買い物前にCHECK♪ 電子チラシ

商品ストーリー

Product Story

おでんの語源と人気の具ランキング♪アレンジレシピも!赤札堂イチオシのおでんの具は「浅角のごぼう巻」

赤札堂 ごぼう巻

おでんの美味しい季節になりました♪
みなさん、おでんの具(たね)は何が好きですか?

赤札堂各店では、美味しいおでんで皆様に心も体もあたたまっていただけるよう、季節限定でおでんコーナーを設置しております。

なかでも赤札堂イチオシは、静岡県焼津市にある練り物メーカー、浅角の「こだわりのごぼう巻」です!

まずは、おでんの語源や人気の具ランキングなどちょっとした雑学をご紹介しながら、
赤札堂が浅角のごぼう巻をお勧めする理由、残った具材のアレンジレシピまでご紹介します!

「おでん」の語源ってなに?

日本人にとって馴染み深い、身近な食べ物「おでん」
おでんのルーツや語源についてご存じでしょうか?

おでんのルーツは、室町時代に流行した「豆腐田楽」という拍子木型に切った豆腐に竹串を打って焼いたもので、語源としては「田楽」の女房言葉と言われています。
女房言葉とは、宮中などに仕える女房が使用した隠語で、田楽に「お」をつけて丁寧にし、楽を省略して「おでん」となったようです。

「田楽」とは元来、笛や太鼓のリズムに合わせ舞った田植え時の豊穣祈願の楽舞です。
拍子木型に切った豆腐に串を打って焼く、その形が田楽舞に似ていることから田楽の名がついたとされています。

引用:紀文 おでん教室:おでんの歴史

https://www.kibun.co.jp/knowledge/oden/history/rekishi/index.html

おでんで人気の具材(よく入れる具)は?
ランキングも!(紀文調べ)

おでんに入れる具材は、何が好きですか?
真っ先に思い浮かぶのは、、大根やこんにゃく、はんぺんなどでしょうか?

食品メーカー・紀文の公式HPである「おでん教室」では、以下のような結果を公開しています。

画像:紀文HPより引用

https://www.kibun.co.jp/knowledge/oden/data/ranking/index.html

おでんによく入れられる具材は、
1位:大根
2位:玉子
3位:ちくわ
4位:こんにゃく
5位:さつま揚
となっています!

また、ランキング推移も表で掲載されているのでご紹介します♪

おでん ランキング 推移

よく入れる具(たね)ランキングの推移(複数回答)

https://www.kibun.co.jp/knowledge/oden/data/ranking/index.html

この10年ほど、大根と玉子が1位・2位を譲らずに君臨しています。
こんにゃくとちくわも、3位と4位でせめぎあいを見せていますね。

赤札堂が、満を持しておすすめしている「ごぼう巻」は、2011年から5年間は8位で安定しておりましたが、その後ランクアップとダウンの変遷を繰り返しています。
頑張れごぼう巻!
応援したくなりますね。

おでんには浅角のごぼう巻がおススメ!普通のごぼう巻との違い

浅角 ごぼう巻

なぜ、赤札堂は浅角のごぼう巻をおすすめするのか。
一般の商品との違いはなに?
それは、他の商品ではみないほどの極太のごぼうが入っていることです。

浅角のごぼう巻のごぼうはとにかく太い!
ほぼ丸ごと一本のような極太のごぼうが、魚のうまみと歯ごたえがギュッと詰まった練り物に包まれて、おでんの中でも存在感を示します。そして、そのごぼう青森や茨城といった国内の名産地のごぼうを使用して安心安全にも配慮しています。

ごぼう自体がもともと旨味の強い食材ですが、質の良い練り物とあわさることで、お口の中が旨味で充満されます。

ごぼう巻?地味じゃない?と思われるかもしれませんが、旨味の塊である名脇役!
ぜひ一度ご賞味いただきたいバイヤーいちおしの一品です!

おでんに飽きたら!残り物アレンジのレシピ♪

炊飯器 赤札堂

2日目のおでんは、味が染みてとても美味しいですよね。
でも、3日目ともなるとちょっと飽きる…。

そんなときは、残ったおでんの具を細かく刻んで、炊き込みご飯にすると、最後まで美味しく無駄なくお召し上がりいただけます。

作り方は簡単。
①おでんの残りを、具と出汁にざるでこして分けます。
②具を細かく刻みます。
③炊飯器に、といだお米と、目盛り通りの分量まで出汁を入れます。
出汁が足りなかったらお水とお好みの濃さの調味料を足してください。
④お米の上に刻んだ具を載せて、スイッチオン。ご飯を炊くだけ!

おでんの旨味が活きたおいしい炊き込みご飯ができあがります。

残った具材も、旨味が凝縮された汁も無駄なく使いきれるおすすめレシピです!

商品名

こだわりのごぼう巻

メーカー名

浅角

価格

本体価格228 円/総額246円

内容量

4本

冬の美味しいおでん雑学と、おすすめ商品、浅角の「こだわりのごぼう巻」についてのご紹介でした。

その他にも、赤札堂イチオシのおでん商品をたくさん揃えております。
ぜひ店頭でご覧いただき、おうちでおいしくご賞味ください!

※画像はイメージです。

その他の商品ストーリー

女性必見!美肌・アンチエイジング栄養素食材”カキ”の「広島産カキフライ」

女性必見!美肌・アンチエイジング栄養素食材”カキ”の「広島産カキフライ」

牡蠣(カキ)は、秋冬の食べ物というイメージがあると思います。特に国産の生食用カキは、秋から冬にかけてでしか店頭でみかけないですよね。 でも!赤札堂では、生でも食べられるほど鮮度の高い広島産の美味しいカキを使ったカキフライ […]

新生活応援!コスパ抜群「みちのく清流どり」のおすすめ★お弁当・常備菜レシピ★

新生活応援!コスパ抜群「みちのく清流どり」のおすすめ★お弁当・常備菜レシピ★

「みちのく清流どり」をご存知でしょうか。赤札堂で取り扱う鶏肉のなかでも主力商品となっている人気の鶏肉です。 「美味しく」「お得で」「安心・安全な品質」の三拍子がそろったコストパフォーマンス抜群の鶏肉です。 また鶏肉の独特 […]

天然にひけをとらない美味しさ「赤札堂の本マグロ」美味しいマグロの選び方も★

天然にひけをとらない美味しさ「赤札堂の本マグロ」美味しいマグロの選び方も★

みんな大好き、マグロのお刺身! 今回ご紹介するのは、当店鮮魚コーナーの人気商品「赤札堂の本マグロ」です。 マグロといえば…お刺身やお寿司の定番商品です。 日本産だと、大間(青森県)や、焼津(静岡県)のマグロがブランドマグ […]

自宅で中華街のような美味しい焼売を!赤札堂オリジナル「金☆大粒肉焼売」簡単レシピ付

自宅で中華街のような美味しい焼売を!赤札堂オリジナル「金☆大粒肉焼売」簡単レシピ付

赤札堂お惣菜コーナーの人気者。赤札堂オリジナル商品「金☆大粒肉焼売」をご紹介します! 金星焼売は、「中華街で食べるような本格的な焼売をご自宅で!」をコンセプトに、天心の専門メーカーと共同開発したこだわりの焼売です。赤札堂 […]

なぜ棒!?棒状なのには訳がある! サクっとフワッと食べやすさ満点の柔らかさ「棒ヒレカツ」

なぜ棒!?棒状なのには訳がある! サクっとフワッと食べやすさ満点の柔らかさ「棒ヒレカツ」

赤札堂の棒ヒレカツがリニューアルしました。柔らかくて、しつこくなくて、食べやすい。 お子さまからご高齢のかたまで誰にでも愛される人気商品として赤札堂総菜コーナー、イチオシの商品です。2020年10月にさらに美味しくなって […]

◎曜日がお買い得! 高級ブランド豚使用の肉汁がジューシーにあふれる「絶対食べて欲しい金☆メンチ」

◎曜日がお買い得! 高級ブランド豚使用の肉汁がジューシーにあふれる「絶対食べて欲しい金☆メンチ」

赤札堂の総菜コーナーで人気アイテム。そして、惣菜担当がアツい思いを込めに込めて開発したのが、 「絶対食べて欲しい金☆メンチ」 通称、金星メンチです! なんと、この金星メンチ、あの高級ブランド豚肉「加藤の豚肉」を使用して、 […]

自店で揚げたてサックサク!赤札堂オリジナル商品「ロースとんかつ」はなぜこんなに美味しいの?こだわりポイント3つ

自店で揚げたてサックサク!赤札堂オリジナル商品「ロースとんかつ」はなぜこんなに美味しいの?こだわりポイント3つ

惣菜コーナーの看板メニュー「ロースとんかつ」が、2020年秋に更に美味しくなってリニューアルしました!惣菜メーカーと研究を重ねて共同開発した、自店揚げでいつも揚げたての赤札堂オリジナル商品。 幅広い年齢のお客様に美味しく […]

都内で買えるのは赤札堂だけ!31.1℃でとろける食感「加藤の豚肉」

都内で買えるのは赤札堂だけ!31.1℃でとろける食感「加藤の豚肉」

赤札堂で販売している加藤畜産の豚肉は、「とろけるポーク」と称されるほどのなめらかでジューシーな食感で、都内の有名レストランや三ツ星レストランでも使用されるほど高品質なブランド豚肉です。 都内のスーパーで買えるのは赤札堂だ […]

大磯屋の焼そば&焼そばソース

大磯屋の焼そば&焼そばソース

大磯屋の焼そば大磯屋は大正15年創業の焼そば麺専門の麺屋です。小麦粉の甘みと麺のコシそして独特のモッチリ感を出すために2種類の強力粉と中力粉、1種類の薄力粉、計5種類の小麦粉を代々受け継がれた配合でブレンドしています。さ […]

堀切せんべい ※堀切店限定

堀切せんべい ※堀切店限定

店長赴任の際にお伺いした堀切菖蒲園クローバー商店会会長のご自宅が手焼きせんべいのお店であったことが「堀切せんべい」との出会いでした。 店主で商店会長の笹本氏は「ザ,プロフェッショナル仕事の流儀」を彷彿とさせる職人肌の人物 […]

TOP